NEW ENTRY

2020.07.31 YOTALOG

A.I.C.O. Incarnation 与太日誌-第4話           ※ネタバレ注意:本編を未見の方にとってはネタバレになる情報を含んでいますので、ご注意下さいませ

Comment(0) Posted by ボンズ広報部

第4話「遭遇」、如何でしたでしょうか。

早速マターとの戦闘が始まりました。いかにエリアが危険な場所か伝わったと思います。

今回はアイコたちが乗る乗り物と、第4話で出てきたギロチンシャッターについて村田監督に聞いてみました。

 

◆村田和也監督にご質問!

Q1.第3話より登場致しました「二脚移動車バイポッド」の設定はどのようにして生まれたのでしょうか。

 

A.マターは強力で凶暴なため、ダイバー専用の防護スーツだけでは身を危険に晒します。

マターから身を守りつつ同時に高い運動性を獲得して、エリア内におけるダイバーたちの機動力を上げるためにバイポッドは開発されました。

車とパワードスーツの中間的な存在です。

 

Q2.ギロチンシャッターはネーミングと見た目ともに大きなインパクトがありました。このアイデアはどのようにして思いつかれたのでしょうか。

 

A.マターは峡谷奥地にあるプライマリーポイントを発生源としてそこから下流に向かって伸びていますが、途中を物理的に切断すると、その切断箇所より末端部分の機能が停止し結晶化する(つまり死ぬ)という性質があります。

エリアとなっている峡谷内には各所に発電用の巨大なダムがあって、ダムの堤頂を乗り越えるところでマターの厚みが薄くなっているので、ダムを足場にして巨大なギロチン型の装置を造れば、マターを確実に一発で切断することが出来るのでは、と考えました。

  

 

◆第4話の名所!

・新愛本変電所

本編ではアイコが気を失った際に休憩所として利用されました。

・宇奈月駅

篠山たちがK1へ向かう際に通った黒部峡谷鉄道の宇奈月駅になります。近くには宇奈月温泉駅があり、名前の通り温泉地であることから楓が温泉に入りたいと愚痴ってました。

本作は2037年を舞台にしているので、建物の詳細は現在のものからかなり変えてあります。

 

・宇奈月ダム

作中では「K1」と呼ばれ、ギロチンシャッターが建造されてました。河川はマターによって埋め尽くされ、水は完全に干上がっている状態でした。

トップへ戻る